WRITING

UPDATED ON 26 Apr, 2021
SEPTEMBER 2018

FREE MAGAZINE ISSUE#8

ESSAY

“LOCAL, GLOBAL, IN-BETWEEN” 「ローカル、グローバル、その狭間」
FREE MAGAZINE ISSUE#8

SEPTEMBER 2018

MISHIMAGAZINE #12

MONTHLY REGULAR ESSAY

『今を歩く』#12 「知識としてのファッション- ALIE WEAVERという人物について」

JUNE 2018

MISHIMAGAZINE #11

MONTHLY REGULAR ESSAY

『今を歩く』#11 「ファッションアイテムとしての”MAKE AMERICA GREAT AGAIN HAT”」

APR 2018

MISHIMAGAZINE #10

MONTHLY REGULAR ESSAY

『今を歩く』 #10 「ファッションについて」

FEB 2018

MISHIMAGAZINE #9

MONTHLY REGULAR ESSAY

『今を歩く』 #9 「国際社会のリアリティ – YUSUKE OKABE(岡部祐輔)」

SEPTEMBER 2017

FREE MAGAZINE ISSUE#6

CRITIQUE

「EVERYONE IS IN NEED OF A DARK SPACE AGAIN. まだ暗い裏通りを探して。」

APR 26 2017

コム デ ギャルソンが「当たり前でないものを当たり前にしてきた」こと

REVIEW

2017年にメトロポリタン美術館で開催された、「Rei Kawakubo/Comme des Garçons: Art of the In Between(邦題:川久保玲/コム デ ギャルソン/間の技)」のレビュー。コンテンポラリーファッションの誕生という文脈でコム デ ギャルソンの仕事について代表の小石祐介がペンネーム(泉實)のもとでFASHIONSNAP.COMへ寄稿を行った。

MARCH 2017

FREE MAGAZINE ISSUE#5

CRITIQUE

「NEXT DECADE / 辺境から近境へ」BERNARD ARNAULT – OUTSIDER’S CREATION THAT NO ONE EVER TALKED ABOUT

FEBRUARY 2017

MISHIMAGAZINE #8

MONTHLY REGULAR ESSAY

『今を歩く』 #8「東京。ハノイから朋が来たる。長い師走に響く歯車。」

DECEMBER 2016

MISHIMAGAZINE #7

MONTHLY REGULAR ESSAY

『今を歩く』#7 「未来の巨匠たち。その世代と。- SARAN YEN PANYA AND NOON PASSAMA」