WRITING

UPDATED ON 26 Apr, 2021
APR 21 2021

TOKYO ART BEAT『アートとファッション それぞれのゲーム』

CRITIQUE

TOKYO ART BEATへの特別寄稿。近年、活発となっているアートとファッションのコラボレーション。その背景にある2つの領域の交差の歴史と思想背景について、現代美術とファッション(様装)のそれぞれの歴史と「戦略的互恵関係」の観点から、代表の小石祐介が『アートとファッション それぞれのゲーム』というタイトルで論じています。

JAN 20 2021

CREATING FUTURE – ACTION TO TAKE NEXT 『非西欧圏から見えるモードの次なる風景』

CRITIQUE

『Harper’s BAZAAR Japan』2021年3月号の「CREATING FUTURE」のコーナーに、代表の小石祐介が『非西欧圏から見えるモードの次なる風景』を寄稿しました。同コーナーでは、Alexander Fury氏らとともに2021SSコレクションについて触れながら、非西洋世界からの新しいファッションシーンの台頭や、中国市場、ポップカルチャー、社会的なダイナミクスについてまとめています。

JAN 20 2021

「ファッションと社会をめぐるノート」第2回/中国について語る時に我々が語ること。

CRITIQUE

クラインシュタイン代表の小石祐介が、「社会」という観点からファッションの現在地と行く末を描き出すTOKION MAGAZINEでの連載企画。第1回では、ドナルド・トランプ以降の社会と、そこに立ちあらわれたオルタナティブなファッションの潮流について論じた。第2回目の今回は、存在感を増している中国について。新たに生まれたカルチャーに関わるために必要なアプローチとマインドセットについて話しています。

OCT 28 2020

「ファッションと社会をめぐるノート」第1回/新しいカルチャーは乱世から生まれる

クラインシュタイン代表の小石祐介が、「社会」という観点からファッションの現在地と行く末を描き出すTOKION MAGAZINEでの連載企画。第1回では、ドナルド・トランプ以降の社会と、そこに立ちあらわれたオルタナティブなファッションの潮流について論じた。

JUNE 10 2020

崩壊から生まれる新しい人間たち

CRITIQUE

writtenafterwardsによって編集された『装綴 ファッションデザインの生態学 IDEA NO.390』に、『崩壊から生まれる新しい人間たち”というタイトル』で代表の小石祐介が寄稿を行いました。パンデミック後の新しいファッションの可能性と現代ファッションの歴史をコムデギャルソンとLVMHを中心に紐といています。

APR 22 2020

ファッションとパンデミック – 終わらない世界を生きるために

CRITIQUE

ポストCOVID-19を想像するための、歴史的振り返りとクラインシュタインが今考えていることについて。シルクロード、スペイン風邪、新興国の勃興と感染症により広がる格差についての考察。FASHIONSNAP.COMへの寄稿「ファッションとパンデミック – 終わらない世界を生きるために」
ENGLISH VERSION is available “FASHION AND PANDEMICS – LIVING IN A WORLD THAT NEVER ENDS”

DECEMBER 25 2019

DOVER STREET MARKET NEW YORKと私と荒川修作+マドリン・ギンズ

WRITING

『22世紀の荒川修作+マドリン・ギンズ(フィルムアート社)』に『DOVER STREET MARKET NEW YORKと私と荒川修作+マドリン・ギンズ』というタイトルで代表の小石祐介が寄稿を行った。

APRIL 24 2019

平成の終わりと令和の始まりーー”コンテンポラリー・ファッション”と”マクロなファッションデザイン”の誕生

REVIEW

1989年から2019年までの現代ファッションの誕生と金融資本の発展の変遷に関するレビューと考察。FASHIONSNAP.COMへの寄稿。
ENGLISH VERSION is available THE END OF “HEISEI” AND THE BEGINNING OF “REIWA”. THE BIRTH OF “CONTEMPORARY FASHION” AND “MACROSCOPIC FASHION DESIGN”.

MARCH 2019

MISHIMAGAZINE #13

ESSAY

『今を歩く』 #13 「リクルートスーツと花粉症」

OCTOBER 2018

FASHIONSNAP.COM “ファッション・ウィークの意味を考える”

REVIEW

ファッション・ウィークの歴史を振り返りながら、現代におけるその役割と意味を考える。
FASHIONSNAP.COM